Lektion 17 接続法


接続法には、I式とII式があります。

主な用法は、

  1. 主に3人称に対する要求を表します。 Man nehme einmal täglich eine Tablette. 毎日一錠飲みなさい。
  2. 他人が言ったことを引用します。 Er sagte, er sei krank. 彼は自分が病気だと言った。(直接引用だと、Er sagte:"Ich bin krank".)
  3. 事実でないことを仮定したり、非現実を表現します。 Wenn ich jetzt Geld hätte, würde ich nach Deutschland fliegen.


I式の形について: 
   I式は難しくありません。すべて、次のような語尾変化になります。

表1

ich       -e wir     -en
du       -est ihr     -et
er/sie /es  -e sie     -en
Sie      -en Sie     -en


この変化のポイントは、必ずeがつくことです。それと、第4課 で学習した不規則動詞であっても、上の表のように変化しますので、例外がないことになります。


表2

ich       fahre wir     fahren
du       fahrest ihr     fahret
er/sie /es  fahre sie     fahren
Sie      fahren Sie     fahren

(現在形では、 du fährst, er/sie/es fährt でした)

表1の唯一の例外は、sein の変化です。

ich       sei wir     seien
du       seiest ihr     seiet
er/sie /es  sei sie     seien
Sie      seien Sie     seien

このように、ich・er/sie/es の時には、 sei となり、 seie とならないことに注意します。それ以外は同じです。


I式の用法

一番重要なのは、間接話法をあらわすときです!

Er sagt: "Ich bin müde." 「彼は眠いほど疲れていると言った」
Er sagt, er sei müde.

この用法はしっかり勉強しましょう。