これは、何の当てもなく、ドイツのこと、ドイツ語のことを書くコーナーです。いい加減な性格が出ていますが。


  1. 2005-01-18のニュースに、バイエルン州では、小学校(Grundschule)の入学が5歳からOKになると書いてあります。
    Das Kabinett beschloss, das Einschulungsalter bis zum Jahr 2010 schrittweise um ein halbes Jahr vorzuverlegen.
    現在は、6月30日が、入学の基準の日(Einschulungsstichtag;この日までに6歳になっていること)になっているのが、
    一ヶ月ごとにずれて、12月31日(つまり半年前)にずれるようです。今だと、6歳になった子が入学できるので、入学
    時点で平均6.7歳のようですが、それを低くしたい、というのが基本のようです。ピサ報告書(Pisa-Studie)の影響もある
    のでしょう。
  2. 2005-01-22 のニュースに、In der Debatte um die Wehrpflicht fordert der Bundeswehrverband eine klare Entscheidung.
    というのがあります。これは、ドイツ連邦軍の役割が、防衛から外で戦う方向になっていることを受けて、兵役をやめて、
    職業軍人という形にするのかどうか、という問題があるからです。Bundeswehrverband(ドイツ連邦防衛軍連盟:兵士の
    利益団体)の長のGertzは兵役維持を主張し、防衛省大臣のPeter Struckもその立場を維持しているようです。
  3. 2006-01-19 ドイツの大学の有料化の流れは進んできていますが、あまりに人気がないので、バーデン・ヴルテンベルク州
    の文部省はキャンペーンをしています。(大臣は Peter Frankenberg(CDU) ) 。モットーは、「500ユーロで、よりよい研究を」と
    いうものです。  昨年末にはデモもありました。
  4. 2006-03-03ぐらいのニュースで、Bundeswehr のワールドカップの出動の話が出ていますが、もめているようです。大連合の
    取り決めにはなかった、ということで、SPDが反発している、ということでした。(2006-03-13時点)